プログラマーで、やる気のある方大募集


by y0pusswy5r
 豊富な現地取材により世界の今の姿を伝える旅雑誌「TRANSIT」最新号と、新刊ムック誌「TRANSIT TOKYO」(ともに講談社)が今月5日、同時発売された。

 「TRANSIT」は、中国や南米・アンデスなど、誰もが一度は訪れたい国を丸ごと一冊特集する季刊誌。最新の第8号は「タイ」で、タイカレーやスイーツのレシピ、国民の95%を占める仏教徒の歴史・文化などを紹介している。新刊の「TRANSIT TOKYO」は、外国人の友人をエスコートしたい東京の料理屋70店舗を紹介。巻末には、料理屋で使える指差し英会話も収録している。

 応募ははがきに、郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、希望雑誌名を明記の上、〒150−0022 渋谷区恵比寿南2−12−3 フォーレスト恵比寿2階 ユーフォリアファクトリー 毎日jpプレゼント係。3月31日(水)消印有効。発表は発送をもって。

【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
<連合>554組合すべて賃金カーブ維持(毎日新聞)
シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)
<鳩山首相>B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示(毎日新聞)
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練−発生15年・東京消防庁など(時事通信)
[PR]
# by y0pusswy5r | 2010-03-23 20:37
 福島県いわき市の市立磐崎中学が2月に実施した学力テストで、採点を担当した教員が生徒の誤答を書き換えるなどして、不正に加点していたことが12日、分かった。教員は「成績が悪かったのでやってしまった」と認めているという。県教育委員会は教員の処分を検討している。
 同校によると、点数がかさ上げされたのは1年生115人が受けた数学のテスト。教員は回答欄に答えを書き加えたり、誤った答えを消しゴムで消して正しい答えを記入したりしていた。
 60人がそれぞれ1問(4点)程度、加点されたという。 

【関連ニュース】
小中学校7割が実施へ=学力テスト、11県で全校参加
学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委
教員が生徒の誤答を指摘=中1の学力テストで
学力テスト、3割抽出に=実施要領を通知
高校無償化に3933億円=10年度予算案〔教育〕

<阿久根市長>予算特別委員会の出席を再び拒否(毎日新聞)
尿から覚せい剤成分検出=「使用」でも立件へ−JAYWALK中村容疑者・警視庁(時事通信)
<中越地震>被災児童の作文もとに歌…「ありがとう」CDに(毎日新聞)
谷垣、与謝野会談を提案=石破氏(時事通信)
目の特徴逃さず 上野の雑踏で手配の男逮捕(産経新聞)
[PR]
# by y0pusswy5r | 2010-03-19 12:19
 鳩山政権は16日、発足から半年を迎える。衆院選大勝の要因となったバラ色の政権公約(マニフェスト)は見直しを迫られ、首相や小沢幹事長の「政治とカネ」を巡る問題では世論の批判が収まらない。政権交代の熱気は冷め、閉塞(へいそく)感が漂い始めた。

 ◆「民主らしさ」頼り◆

 15日正午すぎ、首相官邸内の一室。鳩山首相は仙谷国家戦略相、菅財務相らと昼食を取りながら、会話を弾ませた。約30分の昼食後、首相は仙谷氏を連れて執務室に移動し、さらに約1時間にわたって話し込んだ。

 1月中旬以降、官邸ではこうした光景が毎週のように繰り返されるようになった。きっかけは藤井裕久・前財務相の辞任だ。1月6日夜、「菅財務相、仙谷国家戦略相」の布陣が内定した後、首相官邸の一室で首相と菅、仙谷両氏の3人が向き合った。

 「あのころに戻ったようだな」。誰からともなくこんな声が上がり、1996年の旧民主党結党時のオリジナルメンバーが中心となり、「民主党らしい」政治を実現する姿を思い描いたという。

 首相は12日、B型肝炎対策のとりまとめ役に仙谷氏を指名した。本来は厚生労働省の所管だが、弁護士の経験が豊富で厚労行政に精通した仙谷氏に委ねた。

 仙谷氏は、成長戦略や中期財政フレームの取りまとめのほか、公務員制度改革、「新しい公共」など、外交を除く鳩山政権の主要政策のほとんどを取り仕切る。

 仙谷氏は夏の参院選の公約づくりに向けた「マニフェスト企画委員会」の政府側委員長にも就任した。与党として初めて臨む参院選の公約は、財源が不明確では済まされない。どこまで「民主党らしさ」をアピールできるかが焦点だ。

 政権浮揚に向けて首相が期待するのは、行政刷新会議の事業仕分けだ。4月下旬から独立行政法人や公益法人を対象にした仕分け第2弾を実施する。

 ただ、歳出削減しやすい事業はすでに第1弾で着手しており、第2弾で多額の財源を確保するのは困難だ。枝野行政刷新相も「無駄削減だけではマニフェストの財源すべてを生み出すことはできない」と予防線を張っている。

 ◆小沢氏と一蓮托生◆(いちれんたくしょう) 首相や小沢幹事長を巡る「政治とカネ」の問題も不安定要因のままだ。

 小沢氏は15日の記者会見で自らの求心力低下と参院選への影響を問われ、「私が言う話ではない。必ず勝利に向けて頑張りたい」と憤然とした表情で語った。

 小沢氏は最近、参院選の新人候補に「俺も、たたかれていることは分かっている。不徳の致すところだが、俺だって頑張っている。俺と同じように頑張れ」と激励した。周辺が内閣支持率の低下を話題にすると、「選挙に勝てばいいんだろう」と漏らしたという。

 昨年は小沢氏の代表辞任で党の支持率が上昇したが、「参院選は、小沢氏の進退が大きく左右することはない」(幹部)との見方が小沢氏の強気につながっているという。参院の過半数122に対し、民主党の非改選議席は62。社民党2、国民新党3の非改選議席を考慮に入れれば、「民主党単独過半数は困難だが、与党での過半数は確保できる」というのが党内の相場観だ。

 小沢氏の視線は参院選を超えてその先の党代表選に及んでいる。首相の党代表としての任期は9月末で切れる。小沢氏は最近、周辺に「無投票再選だ」と語った。

 今月8日、民主党本部。小沢氏を代表室に迎え入れた首相は、上座の代表席には座らず、ソファで向かい合う気遣いを見せた。小沢氏周辺はこう見ている。

 「総理も、小沢さんも、お互いを必要としている。二人とも、辞任なんてまったく考えていない」

<EXPO’70パビリオン>開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
官僚答弁制限、今国会は断念=法案提出めど立たず−民主(時事通信)
めぐみさん死んだ発言 BPO「人権侵害ない」 「軽い発言」家族会懸念(産経新聞)
<札幌ホーム火災>吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)
鳩山内閣、16日で発足半年=政治とカネ、普天間で難局続く(時事通信)
[PR]
# by y0pusswy5r | 2010-03-17 22:26
 航空会社スカイマークで安全にかかわるトラブルが相次いだことを受け、国土交通省は15日、安全監査チームを東京・大田区の同社本社に派遣して特別安全監査を始めた。

 何らかのトラブルがあった後に実施する監査や定期監査は通常、数日間程度だが、今回は約3週間かけ、運航や整備の安全管理体制に加え、経営陣が安全運航にどのように関与しているかも調べる。

 スカイマークでは今月に入ってから、副操縦士が飛行中の操縦室内で客室乗務員らと記念撮影を繰り返したり、管制官の指示よりも高い高度で飛行したりする問題が発覚。前原国土交通相は同日、報道陣に対して「安全の根幹が揺らいでいる」と述べた後、「(特別安全監査で)徹底的に経営、運航、整備の体制をチェックする。事故が起きてからでは遅い、という思いで厳しい対応を取る」と語った。

 国交省による長期間の安全監査は、スカイマークで2006年3〜5月にかけて修理期限を過ぎた旅客機を運航するなど、整備ミスが続発した際に約2か月半にわたって実施。05年4〜5月に運航トラブルが相次いだ日本航空にも約1か月間行っている。

<地震>宮城、福島、山形県で震度4=午後9時46分ごろ(毎日新聞)
歌詞をつぶやいたら利用料?(産経新聞)
<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)
横浜のベンチャー×東大 「ほどよし」衛星、9割安 研究組合、汎用部品を活用(産経新聞)
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析(時事通信)
[PR]
# by y0pusswy5r | 2010-03-16 15:04
 高齢者住宅財団などは3月8日、東京都内で事業者向けに2010年度「高齢者等居住安定化推進事業」の第1回の説明会を開催した。同事業は、高齢者などの住まいの安定確保を目的に、生活支援サービス付き賃貸住宅の整備や普及が期待されるモデル事業を選定し、事業費の一部を補助するもの。説明会には高齢者住宅の整備を考える事業者など約300人が参加した。

 この事業では、昨年秋に発足した厚生労働省と国土交通省共同チーム「高齢者住宅ケア検討チーム」の議論を受け、「生活支援サービス付高齢者専用賃貸住宅」や「ケア連携型バリアフリー改修体制整備」などが補助金の対象とされている。

 高齢者専用賃貸住宅(高専賃)に生活支援サービスを付帯する「生活支援サービス付高齢者専用賃貸住宅」は、緊急通報および安否確認サービスの確保や、社会福祉法人、医療法人、居宅介護事業者の職員、もしくはヘルパー2級以上の資格保有者が日中に常駐していることなどを要件としている。
 住宅要件は、▽居室面積25平方メートル以上▽台所、水洗便所、収納設備、浴室の設置▽3点以上のバリアフリー化(手すり設置、段差の解消、廊下幅の確保など)―を原則としている。
 補助率は住宅の場合、新築10分の1、改修3分の1で、1戸当たり100万円が上限。高齢者生活支援施設も、新築10分の1、改修3分の1(1施設当たり1000万円を上限)。

 要介護者の自宅をバリアフリーに改修するなどの「ケア連携型バリアフリー改修体制整備事業」では、地域の「ケア専門家」と設計者や工務店などが「住宅改修グループ」を組み、要介護者などの住宅を改修する事業を想定している。
 「ケア専門家」には、医師や看護師をはじめ理学療法士、作業療法士が想定されている。「住宅改修グループ」は、リハビリテーション機能を持つ医療施設や介護保険施設を運営する医療法人などで構成されるグループの参加を見込んでいる。
 「研修、情報提供、普及啓発、アセスメント等」を行う場合の補助率は3分の2で、上限はグループ当たり年間1000万円。個々の住宅の改修の補助率は2分の1で、上限は1戸当たり200万円となっている。

 高齢者住宅財団では、今月中に全国7都市で事業説明会を行い、4月5日―23日に応募を受け付ける。今年6月ごろには事業が選定される予定だ。
 応募先などは国土交通省のホームページで周知する予定。


【関連記事】
高齢者居住安定確保法改正案を閣議決定−政府
高齢者居住安定化モデル事業の選定事例を紹介
高齢者居住安定化モデル事業、第2回は21件を選定―国交省
高齢者居住安定化モデルの提案を募集−国交省
「高齢者居宅生活支援事業」の概要決定

小沢氏と創価学会首脳が会談 融和か拙速か 本音は(産経新聞)
阿久根市議会が流会、市長は今後も欠席示唆(読売新聞)
<カーリング>「チーム青森」登場…北見で日本選手権開幕(毎日新聞)
気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)
【Web】ネットの主役は中高年?(産経新聞)
[PR]
# by y0pusswy5r | 2010-03-11 19:52