プログラマーで、やる気のある方大募集


by y0pusswy5r

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が東京地検特捜部の任意聴取に対し、平成17年3月に衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者(36)に預けたとされる4億円の原資について、「分からない」と供述していたことが28日、関係者への取材で分かった。石川容疑者も「詳しく思いだせない」と説明。特捜部は2人の供述は不自然として、17年の4億円もゼネコンなどからの不正資金が原資となっている疑いがあるとみて調べを進めている。

 小沢氏は23日の聴取後に配布した書面で、16年10月に購入した土地代金の原資4億円について、土地購入時に個人事務所に保管していた自己資金4億数千万円の中から貸し付けたと説明した。小沢氏の説明通りなら、土地購入後、小沢氏の手持ち資金は数千万円しか残っていないことになる。

 ところが、石川容疑者は17年3月にも小沢氏から4億円を預かったと供述。関連政治団体を経由させるなどして陸山会の1口座に集約した後、小沢氏の要求で5月に全額を引き出して返していたという。この4億円も政治資金収支報告書に記載されていない。

 関係者によると、特捜部が17年の4億円の出どころについて、小沢氏にただしたところ「分からない。知らない」などと供述。石川容疑者も「詳しい経緯は思いだせない」と供述する一方、接見した弁護士に「分からないから困っている」と話しているという。

 事件をめぐっては、水谷建設元幹部らが、16年10月と17年4月に国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県)工事受注の謝礼として、小沢氏側に計1億円の裏献金を渡したと供述している。

 特捜部は4億円もの資金について「分からない」とする小沢氏と石川容疑者の供述は不自然とみており、17年の4億円についても不正資金が原資になった疑いがあるとみている。

<普天間移設>沖縄知事「県内では辺野古以外ない」(毎日新聞)
大量のタチウオが入った漁網漂流…瀬戸内海(読売新聞)
事件当日も行動をマーク=捜査員が女のアパートに−鳥取不審死・県警(時事通信)
<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)
元朝日新聞記者の敗訴確定 記事不掲載訴訟(産経新聞)
[PR]
by y0pusswy5r | 2010-01-31 08:32
 防衛省が情報漏えいの内部調査をする際、ポリグラフ(うそ発見器)検査にも協力するとの誓約書を職員に提出させていることが22日、分かった。漏えい防止策の一環だといい、省内からは「反発する人もいるだろうが、深刻な問題が相次いだのだから仕方がない」とため息も聞かれる。
 同省によると、2007年に発覚したイージス艦情報漏えいなどを受け対策を検討。訓令を改正し、昨年4月から誓約書の内容を強化することを決めた。
 対象は内部部局のほぼ全職員と情報本部、陸海空など各幕僚監部、各部隊の秘密情報を取り扱う隊員らで、交友関係などを記した身上書とともに自書した誓約書の提出を求めている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕イージス艦衝突
検察のリークの可能性に言及=一方的報道「よろしくない」
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で
陸自隊員らに有罪=14万人分情報漏えい
事故防止に向け、新たな節目に=「検証チーム」初会合

<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
長屋火災で2人死亡=住人の夫婦か−北海道(時事通信)
車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示−厚労省(医療介護CBニュース)
<文化財防火デー>意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)
[PR]
by y0pusswy5r | 2010-01-29 20:12
 鳩山由紀夫首相は27日午後の参院予算委員会で、核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませない」とした非核三原則について「『持ち込ませず』を含め、これからも周知徹底していく。すなわち、三原則を守っていく」と述べ、堅持する考えを改めて示した。公明党の山口那津男代表への答弁。
 日米間の核持ち込みなどの「密約」をめぐっては、岡田克也外相が設置した有識者委員会が現在、検証作業を進めている。外務省の調査では、米軍の核搭載艦船の寄港の黙認など密約の存在を裏付ける文書が既に見つかっており、政府が最終的に密約を認める立場に転じた場合は、非核三原則との整合性が問われることになる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜

デモ参加者に催涙スプレー 容疑の高3「かっとなった」(産経新聞)
スカート盗撮の現行犯、大阪府警の巡査を逮捕(産経新聞)
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
医療分野への緊急保証制度の適用を要望―四病協(医療介護CBニュース)
警察署で保護男、毛布に火つけ逮捕 「何のことかわかりません」と否認 大阪(産経新聞)
[PR]
by y0pusswy5r | 2010-01-28 18:28
 前脚だけでなく、後ろ脚にも羽毛が生えて翼状になった小型恐竜「ミクロラプトル・グイ」は、四つの翼を大きく広げ、樹上からグライダーのように滑空した可能性が高いことが分かった。米カンザス大と中国・東北大の研究チームが25日までに実物大で軽い模型を作り、飛行実験を行った成果。論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
 ミクロラプトル・グイは、中国遼寧省の約1億2500万年前の地層から推定全長77センチの化石が見つかり、2003年に発表された。ドイツで見つかった約1億5000万年前の初期鳥類化石「始祖鳥」より年代が新しいが、遼寧省ではその後、始祖鳥より古い「四翼」の小型恐竜化石が見つかった。現在では、四翼の恐竜の中から二翼の鳥類が進化したとの見方が強まっている。
 研究チームは、ミクロラプトル・グイによく似た近縁種で全身の保存状態が良い化石標本から型を取り、ウレタンフォームで復元。本物の鳥の羽根も取り付け、重さ430グラム程度の軽い模型を作った。3.33メートルの高さから滑空させると、飛行距離は最長で23.9メートルだった。
 ミクロラプトル・グイの飛び方をめぐっては、後ろ脚を後方に伸ばすのではなく、縮めて前脚の根元に引き付ける「二翼」式だったとの見方もある。しかし、研究チームは、この形態はバランスが取れないと指摘。また、地上を走って飛び立ったとの見方についても、後ろ脚の長い羽根が邪魔になるとして否定した。 

【関連ニュース】
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献
南京虫、細菌からビタミンB=体内に共生
増殖担う酵素に2種類の変異=新型インフル、ヒトに適応
健康な脳神経に「糖鎖」が関与=アルツハイマー治療ヒントに

<産業ガス販売>カルテルの疑いで十数社立ち入り 公取委(毎日新聞)
遣唐使船を再現、上海万博に向け5月出港へ(読売新聞)
小沢氏の共謀が焦点、土地疑惑の解明詰め(読売新聞)
小沢氏、説明責任果たす=聴取後会見を評価−平野官房長官(時事通信)
普天間、首相「国が結論出す」…名護市長選受け(読売新聞)
[PR]
by y0pusswy5r | 2010-01-27 03:04